妻の老後の面倒を見ることを条件に次男に財産を残したい -遺言の文例と雛形-

妻の老後の面倒を見ることを条件に次男に財産を残したい場合

遺言書「妻の老後の面倒を見ることを条件に次男に財産を残したい」場合のサンプルをご紹介します。 遺言状を見本として記載しましたので、ご参考になさってください。遺言書の書き方のページも用意していますので併せてご覧ください。

遺言書

 

遺言者●●●●は、次の通り遺言をする。
 
(残された妻の老後の面倒を見てくれるか不安がある場合は、妻の面倒を見ることを条件とした負担付遺贈の方法をとることができます。負担の内容は、月額の生活費、週に何回介護をするのか、家事手伝いをするのかといったことを明確にしておきます。)

1.遺言者は、下記不動産を次男●●●●に遺贈する。

土地 
所在 ○○市○○町○丁目
地番 ○○番○
地目 宅地
地積 ○○○平方メートル

建物
所在 ○○市○○町○丁目○○番地
家屋番号 ○○番○
種類 居宅
構造 木造スレート葺2階建
床面積 1階 ○○○平方メートル
     2階 ○○平方メートル

遺言者が所有する株式会社○○の株式全部

2.遺言者の次男●●●●は、上記遺贈に対する負担として、遺言者の妻▲▲▲▲の生存中、1ヶ月○○万円を▲▲▲▲に支払い、▲▲▲▲の扶養を行う。

3.遺言者は次の者を遺言執行者に指定する。

住所 ○○市○○町○丁目○○番地
行政書士 ■■■■ 昭和○○年○月○日生

平成○年○月○日

○○市○○町○丁目○○番地

●●●●   印

遺言書の文例と雛形の見本関連ページ

遺言書の文例と雛形の見本関連ページ
子どもがおらず妻に全財産を残したい / 内縁の妻に財産を残したい / 長男に財産の多くを残したい / 妻の老後の面倒を見ることを条件に次男に財産を残したい / 会社の経営を長男に引き継がせたい / 長女に遺産を残し、長女の夫には財産を渡したくない / 養子に財産を残したい / 愛人に財産を残したい / 療養介護してくれた長男の嫁に財産の一部を残したい / 妻・子どもがいないので甥に全財産を残したい / お世話になった女性に財産を残したい / 長男には遺産を相続させたくない / 老後の面倒をみない長女には財産を渡したくない / 夫・子どもはいないが兄弟姉妹に遺産を渡したくない / 経営する会社を存続させたい / 住宅ローンを取り決めておきたい / 葬式・法要の方法を取り決めておきたい / ペットの世話を頼みたい

遺言状の文例・雛形

つた行政書士法務事務所
大阪府大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:9:00~21:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@yuigon-center.com
遺言書・公正証書遺言作成相談室 HOME » 遺言書の文例と雛形の見本 » 子どもがおらず妻に全財産を残したい
ページのトップへ戻る